BLOG ブログ

ENTRY

お申し込みはこちら

ドラムを歌う様に叩く方法2[動画解説あり]

ドラムを歌う様に叩く方法について、YouTube動画と文章、譜面で解説します。

動画

ポイント1 和音の歌い方

今回のメイン内容。ドラムのそれぞれのパーツを同時に鳴らした際の歌い方、つまり和音の歌い方です。
押さえておくべき和音をピックアップして動画で解説してます!

ポイント2刺繍音の扱い方

ドツタツなどの定番のドラムの歌い方には刺繍音源という考え方を使って通常の和音とは歌い分けます。
この考え方をしっかり理解できると色んなビートのパターンが叩き易きなります!

ポイント3オスティナートというテクニック

ドラムでいうオスティナートとは自動演奏、セルフ伴奏の事です。
サンバ キックに代表されるオスティナートというテクニックですが、これに関しても歌い方のコツがあります。

まとめ

今回の動画では前回触れられなかった和音の歌い方について触れました。
人間の口は一つしかありませんが、ドラムは同時に4つも音を出せます。
今回の動画の内容にをしっかり頭に入れる事で、口よりさらに複雑な音が出せるドラムという楽器をより自分の表現したい様に演奏できるようになります!

動画の譜面PDF

動画の譜面はこちらをクリック☜

投稿者プロフィール

大武 悠真
大武 悠真ドラム講師/ドラマー・パーカッショニスト
「オオタケドラム&パーカッションスクール」のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。より多くの方にドラムやパーカッションの楽しさを知っていただけるよう、日々レッスンを行っています。まずは体験レッスンから、ドラムやパーカッションを鳴らす楽しさを体感してみてください。

CONTACT お問い合わせ

初心者歓迎!お得な体験レッスンも実施中です。
ご興味のある方はぜひお問い合わせください。